アカデミーブログ

アカデミーブログ

最近のエントリー
10/28(土)四国U-13サザンクロス2017第12節 vs高知ユナイテッドSCJY《試合結果のお知らせ》
Jリーグ版よのなか科第1回のご報告
10/21(土)高円宮杯U-15四国クローバーリーグ第17節 vs徳島ヴォルティスU-15《試合結果のお知らせ》
10月22日(日)2018年度 U13セレクション開催延期について
本日10月19日(木)高松東部校・三豊校中止のお知らせ
本日10月18日(水)高松西部校・丸亀飯山校中止のお知らせ
10/15(日)2017Jユースカップ vsジュビロ磐田U-18
本日10月16日(月)の高松西部校・高松東部校のスクール中止のお知らせ
10/15(日)高円宮杯U-15四国クローバーリーグ第16節 vs徳島FCリベリモ《試合結果のお知らせ》
10/7(土)高円宮杯U-15四国クローバーリーグ第15節 vsF.C.コーマラント《試合結果のお知らせ》
カテゴリー
アカデミー (205)
U-18 (166)
U-15 (313)
U-14 (16)
U-13 (21)
スクール (198)
月別アーカイブ
2017年10月 (14)
2017年9月 (18)
2017年8月 (14)
2017年7月 (18)
2017年6月 (15)
2017年5月 (16)
2017年4月 (22)
2017年3月 (6)
2017年2月 (7)
2017年1月 (4)
2016年12月 (4)
2016年11月 (11)
2016年10月 (15)
2016年9月 (25)
2016年8月 (12)
2016年7月 (23)
2016年6月 (18)
2016年5月 (17)
2016年4月 (13)
2016年3月 (4)
2016年2月 (4)
2016年1月 (4)
2015年12月 (10)
2015年11月 (14)
2015年10月 (13)
2015年9月 (28)
2015年8月 (16)
2015年7月 (17)
2015年6月 (40)
2015年5月 (28)
2015年4月 (14)
2015年3月 (18)
2015年2月 (12)
2015年1月 (7)
2014年12月 (12)
2014年11月 (6)
2014年10月 (12)
2014年9月 (19)
2014年8月 (18)
2014年7月 (19)
2014年6月 (13)
2014年5月 (20)
2014年4月 (10)
2014年3月 (9)
2014年2月 (6)
2014年1月 (11)
2013年12月 (10)
2013年11月 (11)
2013年10月 (7)
2013年9月 (8)
2013年8月 (7)
2013年7月 (9)
2013年6月 (9)
2013年5月 (7)
2013年4月 (11)
2013年3月 (9)
2013年2月 (3)
2013年1月 (9)
2012年12月 (9)
2012年11月 (4)
2012年10月 (11)
2012年9月 (6)
2012年8月 (11)
2012年7月 (7)
2012年6月 (6)
2012年5月 (5)
2012年4月 (4)
2012年3月 (4)
2012年2月 (2)
2011年12月 (1)
2011年11月 (1)

9月24日(日)にカマタマーレ讃岐U-13を対象にJリーグ版よのなか科の第1回を行いましたので、ご報告いたします。

これは「キャリア・デザイン・サポートプログラム(Jリーグ版[よのなか]科)」としてJリーグ所属クラブで行われ、プロの競技者を目指す人材にとって適切な“キャリア” についての考え方や心構え、社会人として適切な就労観や職業観の醸成を目的に実施するもので、将来、地域で活躍、貢献できる人材の育成を目指しています。

全5回で構成されるうちの第1回では「Jクラブをとりまく”お金”から仕組みを考える」と題して、普段あまり意識する機会のない、クラブの経営を具体的に考え、そこからよのなかを知る事を目指しました。

U13よのなか科.png

U13よのなか科2.png

U-18GKコーチである棚橋がファシリテーターを担当し、アカデミーコーチもサポートします。また、保護者の皆様にもご参加いただき、子ども達には無い視点からのご意見を頂きました。

U13よのなか科3.png

自分のお年玉という身近な例からお金には収入と支出がある事を理解し、Jクラブが収入を増やし支出を減らすにはどうすれば良いか、を考えました。

U13よのなか科4.png

最後に弊クラブ代表取締役社長 山下幸男をゲストに招き、実際のクラブが行っている収入を増やして支出を減らす為の様々な行動を教えてもらいました。

第1回はこれで終了となりました。子ども達は今まであまり考えてこなかったクラブの経営とその為に多くの人が動いている事を感じたようでした。

このプログラムを通して、自らのキャリアやそれを取り巻く環境について考えるきっかけ作りを行っていきたいと思います。

これからもカマタマーレ讃岐アカデミーへの温かいご声援をお願いいたします。

このページの先頭へ