ACADEMY

7/31〜8/2 U-14伊丹FC祭2018夏 参加のご報告

U-14

731()82()に「U-14伊丹FC2018夏」に参加いたしましたのでご報告いたします。


今回の遠征では、「選手自身が自発的に行動し、意見や考えを仲間に伝える、聞く」をテーマに行いました。

ピッチレベルでは、失敗を恐れず、チャレンジすることを意識し。相手に合わせるのではなく、攻守において主導権を握り、勝ちにこだわり、ゲームを行いました。しかし守備では、スピード、身体能力で勝る相手が多く、その相手に対して個人で対応してしまい、突破され、得点を奪われる局面が多々ありました。個人で守るのではなく、組織でゴールを守る重要性に気づかされました。

攻撃では、一人一人の距離感を大切にし、ボールを保持するだけでなく、ゴールを目指しながらボールを動かそうと、チャレンジしました。選手自身も手応えを感じつつも、見ること、パスの質、ボールの置き所などは、もっと質を上げていかないといけないと思いました。


今回の遠征での取り組みを、今後続く滋賀遠征や、強化試合に活かし、個人だけではな く、一人一人が、切磋琢磨しながら、チームとして成長していきたいと思います。


【試合結果】

731()

VS LAVIDA 0-4

VS 横浜FC戸塚 0-2


81()

VS 兵庫FC 4-1 得点者:岡田、三原、近石、永野

VS 前橋ジュニア     1-4   得点者:奥田


82()

VS フレスカ神戸   2-1 得点者:奥田、近石

VS  東急レイエス 0-2

VS  FC 0-1


この度、大会運営をしていただいた伊丹FC様、宿泊先のアスコザパーク様、ありがとうございました。


8/2〜8/4 宇多津町長杯ユーヴィレッジサマーフェスタ参加のご報告

U-13

82()4()U-13で宇多津町長杯ユーヴィレッジサマーフェスタに参加しましたのでご報告いたします。


【試合結果】

82日(木)【予選リーグ】

vs帝人SSS(愛媛県) 1-1

vs FC駒沢(東京都) 10-0


83日(金)【予選リーグ】

vs宇治FC(京都府) 3-1

vsマイスターSUMA(兵庫県) 3-1


84日(土)【決勝リーグ】

vsルセーロ京都(京都府) 3-1

vs横浜ポラリス(高知県) 5-2


《優勝》


結果は優勝できましたが、課題が見つかったので今後も日々努力し続けていこうと思います。

この度、大会運営をしていただいた関係者様、ありがとうございました。


8/4日(土)2018JリーグU14サザンクロスリーグ vs サンフレッチェくにびき 試合結果

U-14

84()に長浜中央公園にて行われました、2018JリーグU14サザンクロスリーグ 第7節の試合結果をお知らせいたします。


【大会名】

2018JリーグU14サザンクロスリーグ


【日 時】

201884()


【場 所】

島根県米子市長浜中央公園


【対戦相手】

サンフレッチェくにびき


カマタマーレ讃岐U-14 1-2 サンフレッチェくにびき


前半 1-2

後半 0-0

合計 1-2


【得点者】

吉田健人


U-14:次節試合予定】

2018JリーグU14サザンクロスリーグ 第8

201891() KICK-OFF 時間調整中

丸亀市総合運動公園球技場


vs ガイナーレ鳥取


いつも温かいご声援をいただいております保護者様、関係者の皆様、ありがとうございます。今後も引き続き、皆様からのご声援いただけますよう、チーム一同がんばってまいりますので、どうぞよろしくお願いします。


7/31〜8/2 伊丹FC祭2018夏 参加のご報告

U-15

731()82()に「伊丹FC2018夏」に参加いたしましたのでご報告いたします。

今回の遠征では、「ピッチ内でチームの為にプレーする、ハードワークする。」「ピッチ外でチームの為に考えて行動する。」を意識し試合や準備、食事に取り組みました。

ピッチ内では、特に守備でのハードワークを強く求め、気温の高い中でもアグレッシブにボールを奪いに行くことを意識しました。相手のミスを待つのではなく、自分たちのプレッシャーによってボールを奪えていることに気づくことができました。逆にハードワークができていない試合では、ボールを奪えることが少なく攻撃で良さも発揮することができませんでした。守備でのハードワークの大切さに気付くことができ、良い経験となりました。ピッチ外では、試合に出ていない選手がチームの為に働き、気づいたことを選手に伝えコーチングを積極的に行えていました。


食事では自分の為に、チームの力になるために多くの食事をとることを意識しました。


中学3年生になり、食事の量はもちろん質にも気にしている選手が増えていました。日頃の家庭での努力が、遠征での食事にも出ていました。


今回の遠征では、全国クラブユース選手権に出場するチームと試合をすることもできました。自分達のプレーが通用した部分、全く通用しなかった部分、と様々な経験ができました。

特に守備の部分で、ハードワークすることができれば良い守備ができ、そこから良い攻撃ができることに気づくことができました。ピッチ内外、食事、その他の生活など、様々な面でさらにハードワークし、更なるレベルアップに繋げたいと思います。


この度、大会運営をしていただいた伊丹FC様、宿泊先のアスコザパーク様、ありがとうございました。


【試合結果】

731()

VS 三田学園中学校 4-1 得点者:高畠、岩佐×3

VS COSPA 0-1


81()

VS 延岡フォルトゥナ 0-1

VS 名古屋グランパス 1-6 得点者:佐々木


82()

バンディエラ暁 3-0 得点者:高畠、森、富永

ツエーゲン金沢 1-0 得点者:佐々木

金沢ユースチャレンジカップ前期 参加のご報告

U-18

カマタマーレ讃岐U-18は金沢ユースチャレンジカップ前期に参加しましたのでご報告いたします。


【日程】

81日(水)~4日(土)

【大会名】

金沢ユースチャレンジカップ前期

【会場】

北陸大学グラウンド、星稜高校グラウンド、かほくサッカー場



【試合結果】

8月1日(水)

vs日大三島(静岡)2-3

vs関西大倉(大阪)3-1


82日(木)

vs国泰寺高校(広島)4-1

vs群馬県トレセン(群馬)1-4

vs星稜高校(金沢)2-2 pk2-3

vs浪速高校(大阪)3-0


83日(金)

vs飯塚高校(福岡)1-0

vs一条高校(奈良)2-0

vs浜北西高校(静岡)1-0


84日(土)

vsレノファ山口(山口)0-2

vs長岡向稜(新潟)1-2


すばらしい環境の中、普段対戦できない相手と11試合を消化してきました。この遠征では『攻撃のしかけ』と『チームで意図的にボールを奪う』という部分をテーマに取り組みました。様々な特徴を持ったチームや選手と対戦することで、成果と課題の両方がはっきり観られました。それにより、選手同士のコミュニケーションや、選手とスタッフの話し合いが増え、実りある遠征となりました。

この遠征で得た経験を日々のトレーニングや試合に活かしていきたいと思います。

猛暑の中、スムーズな大会運営に尽力いただきました大会関係者の皆様、本当にありがとうございました。


全123件 96 - 100 件表示
  • 最初へ
  • <
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • >
  • 最後へ