GAME

3/17(日)明治安田生命J3 第2節 秋田戦 試合イベント情報

GAME

3月17日 (日)、Pikaraスタジアムで開催されます「2019明治安田生命J3リーグ第2節 カマタマーレ讃岐 vs ブラウブリッツ秋田 香川県魅力体験DAY 高松市ホームタウンDAY」の試合情報をお知らせいたします。※試合イベント情報は2/22(金)時点の情報です。


(香川県内の夢パスをお持ちの小学生は入場無料 https://www.kamatamare.jp/ticket/dream.php)

※2019年度3月時点での小学6年生の皆様は、2019の夢パスは配布されません。
なお、3月のホームゲーム2試合(3月10日岩手戦、3月17日秋田戦)については、試合当日カマタマ広場・バックスタンド両総合案内所で年齢の分かる証明書をお持ちの上、小学6年生である旨をお伝えください。当該試合の観戦チケットをお渡しいたします(B席小中高)


【イベント情報】


◆「勝つぜ、東北。」香川県魅力体験DAY賞!

試合に勝利したチームのサポーター抽選で2名に「さぬきうどん1年分」をプレゼント!!

当選者は試合終了後、オーロラビジョンにて発表いたします!

(協力:石丸製麺株式会社)

【抽選券配布時間】開場~無くなり次第終了
【抽選券配布場所】各ゲート

【当選者発表】試合終了後、オーロラビジョンにて


◆高松市観光PRブース
当日ご来場いただいたブラウブリッツ秋田サポーター先着50名様にさぬきうどんプレゼント!


【時間】11:00~13:00
【場所】カマタマ広場


◆ 高松市ホームタウンデー 親子サッカー教室!
当日は高松市ホームタウンDAYという事で、高松市に在住または在学の親子100名様をスタジアムにご招待!試合前のピッチで親子サッカー教室を実施する他、選手とハイタッチなどの限定イベントにご参加いただけます!


応募、詳細はこちら


◆ブラインドサッカー体験&第29回日本パラ陸上競技選手権大会写真展


【時間】11:00~13:00
【場所】カマタマ広場


◆巨大メッセージフラッグ作成ブース


【時間】10:00~13:00
【場所】カマタマ広場



◆選手サイン会


【時間】11:40~12:00
【場所】カマタマ広場


◆ アウェイサポーターおもてなしブース
香川県内の対象施設にご宿泊いただいたアウェイサポーターを対象にキャンペーンを実施中!
https://www.kamatamare.jp/news/?id=9&item=INFO

【場所】カマタマ広場
【時間】10:00~13:00



◆さぬぴーのお散歩


当日スケジュール(予定)
10:00~10:30
11:00~11:30
12:00~12:30

【場所】カマタマ広場など


【チケット情報】


※2/23(土)10:00~チケット一般発売開始!

3/10(日)明治安田生命J3 第1節 岩手戦 試合イベント情報

GAME


3月10日 (日)、Pikaraスタジアムで開催されます「レクザム presents 2019明治安田生命J3リーグ第1節 カマタマーレ讃岐 vs いわてグルージャ盛岡 香川県魅力体験DAY」の試合情報をお知らせいたします。※試合イベント情報は2/22(金)時点の情報です。


(香川県内の夢パスをお持ちの小学生は入場無料 https://www.kamatamare.jp/ticket/dream.php)


※2019年度3月時点での小学6年生の皆様は、2019の夢パスは配布されません。
なお、3月のホームゲーム2試合(3月10日岩手戦、3月17日秋田戦)については、試合当日カマタマ広場・バックスタンド両総合案内所で年齢の分かる証明書をお持ちの上、小学6年生である旨をお伝えください。当該試合の観戦チケットをお渡しいたします(B席小中高)


【イベント情報】


◆「勝つぜ、東北。」香川県魅力体験DAY賞!
試合に勝利したチームのサポーター抽選で2名に「さぬきうどん1年分」をプレゼント!!

当選者は試合終了後、オーロラビジョンにて発表いたします!

(協力:石丸製麺株式会社)

【抽選券配布時間】開場~無くなり次第終了
【抽選券配布場所】各ゲート

【当選者発表】試合終了後、オーロラビジョンにて


◆レクザムブース!
さぬきビールの試飲ができます!



【時間】10:00~13:00(無くなり次第終了)
【場所】カマタマ広場
※未成年の方や、お車を運転される方はご遠慮ください。


◆ダンボール遊園地がやって来る!


(協力:hacomo株式会社)

【時間】10:00~13:00
【場所】カマタマ広場
※雨天の場合、内容を変更しての実施となります。


◆選手サイン会



【時間】11:40~12:00
【場所】カマタマ広場


◆夢パスを提示でお菓子つかみ取り!


(協力:株式会社松浦唐立軒)
【時間】10:00~13:00
【場所】カマタマ広場
※対象:小学生以下
※1人1回。お菓子がなくなり次第終了となります。


◆キャラクター登場!



うどんの妖精 さぬどん



とり奉行 骨付じゅうじゅう


【時間】10:00~13:00
【場所】カマタマ広場


◆ アウェイサポーターおもてなしブース
香川県内の対象施設にご宿泊いただいたアウェイサポーターを対象にキャンペーンを実施中!
https://www.kamatamare.jp/news/?id=9&item=INFO

【場所】カマタマ広場
【時間】10:00~13:00


◆さぬぴーのお散歩


当日スケジュール(予定)
10:00~10:30
11:00~11:30
12:00~12:30

【場所】カマタマ広場など


【チケット情報】


※2/23(土)10:00~チケット一般発売開始!

3/10(日) 明治安田生命J3 第1節 岩手戦「株式会社レクザム」様 冠試合決定のお知らせ

GAME

このたび、3月10日(日)Pikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)にて開催される明治安田生命J3リーグ 第1節いわてグルージャ盛岡戦におきまして、「株式会社レクザム」様の冠試合を開催することとなりましたのでお知らせ致します。
なお、冠試合内容は、別途後日お知らせいたします。


 
<明治安田生命J3リーグ第1節>
■日 時:2019年3月10日(日) 13:00キックオフ(11:00開門)※予定
■会 場:Pikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)
■対 戦 :カマタマーレ讃岐 vs いわてグルージャ盛岡


 


〈株式会社レクザム様〉
■社 名:株式会社レクザム
■事業内容:エレクトロニクス応用製品(電子コントローラ、医療機器他)、半導体製造装置関連機器、自動車部品、精密機械加工品、スキーブーツ、地ビール、乾燥剤などの開発・設計・製造・販売
■本 社:大阪市中央区南本町2-1―8
■香川工場:香川県高松市香南町池内958
■代 表 者:代表取締役社長 岡野 晋滋
■H   P:https://www.rexxam.co.jp/

明治安田生命J2リーグ第42節 京都サンガF.C.戦監督コメント

GAME

北野誠 監督コメント

「1年間ありがとうございました。しっかり勝ちにいったんですが、またこういうゲームをしてしまったな、こういう試合をしてしまったなという所で、自分の力不足。攻めてるにもかかわらずカウンター、そういうちょっとした隙で失点してしまったという所が本当に今年の順位を物語っていると思います。本当に良い選手ばかりで彼らの力を引き出してやれなかったという所で責任を感じております。本当に最下位という結果を招いたのは、自分の責任だと感じております」


Q:監督自身がアップでもピッチに入られていたのは。

「人数が足りないので、室内の時から一緒に手伝ってやりました」


Q:ペースも握っていたように思うのですが、失点してしまった要因は。

「また前節と同じように、シュートの前のラストパス。そこの精度が一つ足りなくて。そこで決めきれなかったという所で、前に前にと気持ちがいっちゃったのかなと思います」


Q:これまでの讃岐の戦い方のイメージというのは、対外的には”堅守速攻”と言われていますが、今日の試合、北野監督にとって最後の試合、最後の采配は”堅守速攻”では無く自分達から積極的に主導権を握りにいくサッカーをやられました。結果的に勝ち点は取れませんでしたが、本当に北野監督のやりたかったサッカーっていうのはこういう事なのかなと思ったのですがいかがでしょう。

「本当にやりたかったサッカーかっていうと判らないですけど、ずっとカウンターで引き込んでっていうのをやってましたけど。今年に限ってはキャンプの時からそういう所をチャレンジしてましたし、途中で色んな事がありましてカウンターっていう所に立ち返った訳ですけど。やはり点を取らなければいけないっていう所でこういったサッカーをやり始めたんですけども、それでも点が獲れなかった、選手達のやる気というか、生き生きとした顔は、こういうサッカーというのがあったのでトレーニングの時から。チャレンジしてみましたけども、結果的にうまく勝ち点が獲れずに、こういう降格、最下位っていうのは責任を感じます」




明治安田生命J2リーグ第41節 東京ヴェルディ戦 監督コメント

GAME

 ○北野誠監督コメント

「ありがとうございました。今シーズンずっとこんな感じのゲームで、やはり最後のシュートであったり、そのシュートの前のラストパスであったり、そういう精度。リスタートのファーストボールは勝てるけどセカンドボールで押し込まれちゃう、そんなシーズンでした。本当に今日もそんなゲームだったと思います。ただサッカーというスポーツ・競技は点を決める事、点を守る事、そこなのでそこが出来ていなければ、やはりこのような成績になるのかなと思います。非常に、今シーズンみたいな、今シーズンの総括のようなゲームになってしまいました。残り1試合ホームで応援してくれている人たちの為にも、感謝の意を込めて、しっかり戦いたいと思います」

Q:攻めの形がコンパクトで良かったように思います。どのような指示を出されていたのでしょう。
「ヴェルディさん(東京ヴェルディ)は泉澤君か(泉澤仁選手)が入って"戦術泉澤君"になっているので。その彼が出ないということは4-3-3、4-1-4-1の教科書通りの攻め方で来るだろうと思いました。ですから、ボールを動かしながらでもボールを腰下に入れてくる。そのファーストボールを獲っちゃえば、ほぼ消えるぞと。あとは、4と5の間でここで誰をポイントに持っていくかが今日のカギだったと思います。最初の所ではやはり、泉澤君が出るっていう事で、アレックスかなと思ったんですけど、逆に香川君(香川勇気選手)が高い位置を今日はとってきたので、じゃあ香川君の背中、ポイントさえそこで作っちゃえばペナの角とか全て取れるっていうミーティング、トレーニングを今週はやってきました」

Q:試合前のアップでも短いパスのトレーニングをしている様にも見えました。
「いえ。ピッチも凄く滑るし、スリッピーなので。我々、そういうピッチでトレーニングをしたこともないし。そういう所でウォーミングアップは話しました」

Q:カマタマーレ讃岐を率いて5年。最後の90分どんなサッカーをしたいですか。
「何でしょう。この9年間しんどかったし。やはり守ってカウンターしか生き残る術は無かったので、そればかりやってきたけど。今シーズンは、自分たちでボールを握ろうという所をやって。今日みたいにボールを握れるけど最終的な所が出来なかったっていう所が僕の力の無さだったし。ただ、選手たちは一生懸命やろうとしてくれたし。それを何とかしっかりとやって、次の最終戦の京都戦に、今日みたいにボールを握れてる、ペースを持ってる、でも負けたじゃなくて。ボールを握れてる、ペースも握れてる、そして勝つという事を出来たら良いなと思います」

Q:原一樹選手が天皇杯も含めて東京ヴェルディ相手に通算12ゴール。ベンチスタートだった意図は。
「それは言えないです。(一同笑)ただ色んな問題があると思うんですよ。ケガ人も出てるし、ウチだけでは無いですけど。彼の年齢、最後のパワーを使う所で90分間は無理だと思うし。だったら若い選手を使ってヴェルディさんのラインとラインの空いた所で原一樹。そうすれば彼の一番おいしい所だと思うし。そこは僕の失敗で、ヴェルディさんはボールを奪りにきたけど奪れなくて、ずっと引いてたから。一樹にとってはちょっと残念だったかなと思います」
全54件 1 - 5 件表示
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • >
  • 最後へ