GAME

6/29(土)明治安田生命J3 第14節 富山戦 監督コメント

GAME


◆上村健一監督コメント
「まずはじめに、ナイターの試合で、遠く富山まで沢山のサポーターの皆さまに
来ていただいて非常に有難く思いますし、その皆さまに勝ち点3という結果を届けることが出来て良かったと思っています。
ただ、試合の内容自体はもっと失点してもおかしくなかった内容だったので、今日は4-4-2のフォーメーションを選択しましたが、
ペナルティエリア付近での守備であったり、サイドから中に入った時の守備については今一度トレーニングを行う必要があると思います。
ビルドアップについては、間違いのないポジショニングを選択し、
ポジショニングスピードも早く、相手を見ながらしっかりと良いポジションが取れていたので、それについては良かったと思います。
ただ、後半に入ると押し込まれる時間が増えた時に、キックスタートを選んでしまい、そこからマイボールに出来なかったときにまた体力が奪われてしまう、
相手の勢いに押される形になったので、例え難しい時間帯で押し込まれる展開となったとしても、しっかりと落ち着いたリスタートが出来るように、トレーニングを行っていきたいと思います。」


ー前節はあまり良くないゲームで、今節はよく立て直されたような印象を受けたのですが、今のお話を聞くと「まだまだ」という印象なのでしょうか。
「中々すぐに全てが上手くいくわけではないので、今季はビルドアップが全く上手くいかないところから、少しずつ上手く変化していき、また1年通して『やれることを増やす』、
また『誰が出ても、チームのスタイルを一致させて、そして自分の特徴を出してゲームを進めていこう』という話をしていたので、今は少しずつ変わってきている時期なのかなと思います。
前節も難しいゲームで、また今日も難しいゲームでした。
ただ本当に、30人すべての選手が、チームの勝利の為に普段のトレーニングからしっかりとやってくれているので、その成果が今日の徹也(木島選手)のゴールに繋がり、
2-1で勝てたと思うので、継続していきたいと思っています。」


ー守備の部分では、90分間のハードワーク、また最後まで耐える力も見られたと思うのですが、いかがでしょうか。
「最後はかなりの回数に渡りペナルティエリア内に侵入され、またかなりの回数に渡ってシュートも打たれましたが、
最後に身体を投げ出したり、そういった粘りを最後まで見せてプレーをしてくれたと思います。
球際の部分や、最後の勝負へのこだわりという部分は90分間切らさずにできたと思いますのでそこは良かったと思いますが、
1対1の対応の部分など、良くない点は沢山あったと思いますので、それについては今一度トレーニングで改善していきたいと思います。」


ー前節は群馬に敗れ、今節は富山戦。J2経験クラブを相手にして、長いシーズンの中で今日のゲームはどのような重要性を持っていたのでしょうか。
「負ければ順位が入れ替わるという試合でしたし、上位とも差がついてしまうので、モチベーションを継続する部分や、『自分たちが行っている事』が正当化されるのかという部分も含めて、
難しいゲームになると思っていたのですが、
昨日のミーティングでは『色々な事を僕が求めてしまっているが故に選手は能動的に動けなくなってしまっている』という話をして、
その部分で選手に謝りました。攻撃の部分では、選手の判断をもう少し尊重してやっていこうという話をしました。
ただ、『サッカーは球際の部分で勝負が決まったり、勝負に勝ちたいというメンタルであったり、その部分が伴わないと結果には結びつかないし、そこが伴ったうえで明日のゲームを皆で迎えよう。』
という話をしましたので、選手は重要なゲームを一生懸命戦ってくれて、勝ち点3を取ってくれて、それだけで今日は満足なのではないかと思います。


ー復帰した木島徹也選手がゴールしました。木島徹也選手についてはいかがでしょうか。
「徹也(木島)選手、福家選手が出た時には、ベンチでウォーミングアップをしていた選手達が建設的な声掛けなどを率先してくれていましたし、
徹也(木島選手)が出て得点を取ってくれた事も良かったですし、みんなで勝ち取ったゴールでもあったと思うので、
ぜひまたこれをチーム30名全員で続けていき、結果的にゴールがたくさん取れる、徹也(木島選手)がゴールを決めて勝つ、そのようなゲームを継続していけるように、トレーニングをしていきたいです。」


ー大きなけがをされた選手が戻ってきて、実際にその選手が得点を取って勝つというゲームは偶然ではないと思います。
また彼のゴールがその後のチームの粘り、頑張りにもつながったと思うのですが、そのあたりはいかがでしょうか。

「怪我してしまった昨年は、コンディションが整わない中ゲームに出続けてくれて、その中で怪我をしてしまって、申し訳なかったですし、
そこから長いリハビリを経て、ずっと彼が努力を続けてきたからこそ、今日のこういった成果に繋がったと思うので、
彼自身が喜びを噛み締めてほしいと思います。」

6/29(土)明治安田生命J3 第14節 富山戦(アウェイ・富山) ご観戦について

GAME

 【6月29日(土)明治安田生命J3リーグ 第14節 カターレ富山vsカマタマーレ讃岐@富山 18:00 キックオフ】にて、
ご来場のお客様が安全かつ快適にご観戦いただけますよう、
カターレ富山様 ホームページにて横断幕掲出のルール等が掲載されております。
ご来場前に必ずご確認いただき、アウェイゲームご観戦の際も、観戦マナーをお守りいただきますようご協力をお願いいたします。


◆カターレ富山 観戦マナー&ルール
https://www.kataller.co.jp/game/stadium/manner/


◆カターレ富山 試合情報 (vs カマタマーレ讃岐)
https://www.kataller.co.jp/game/#a02


◆カターレ富山 スタジアム情報
https://www.kataller.co.jp/game/stadium/

6/23(日)明治安田生命J3 第13節 群馬戦 監督コメント

GAME

 ◆上村健一監督コメント
「まず日曜日のナイターの開催にもかかわらず遠く香川から来ていただいたファン・サポーターの皆さまにこういったゲームを見せてしまい、大変申し訳なく思っています。
次節はしっかりとトレーニングをして良いゲームをお見せしたいと思います。
ゲーム自体はビルドアップがうまくいかず、その中で少しずつ微調整しながらやっていったのですが、なかなか安定してボールを運ぶことが出来ず、どうしてもミスが多かったので、

その中でハーフタイムに選手には『ビルドアップの形』を話し、
『ミスはゲームの中でどうしてもあるもので、何らナーバスにはならずにプレーは続けてほしい』という話をしました。
実際、後半はリスクをかけて得点を取り行ったところで1得点奪えましたが、カウンターもたくさん受けてしまうという難しいゲームになってしまいました。
選手にはトレーニングの中で、攻撃に関しては今一度『相手のスペースはどこにあるのか』という所を共有し、
また守備の部分においては『どこで奪いにいくのか』という所を今一度共有して、次節にしっかりと準備したいと思います。」


ービルドアップで上手くいかなかったという話ですが、それは讃岐の問題なのか、群馬が良かったのか?

「ザスパクサツ群馬さんが4ー4ー2のシステムから、先にサイドハーフをうちの3バックの(ビルドアップの)作りに対して当ててきたので、
そのせめぎ合いの部分では、群馬さんのプレッシャーのスピードなどが速かったですし、凄くオーガナイズされた守備をされていたので、
そこは群馬さんが素晴らしかったですし、そのプレッシャーがある中でせめぎ合いに関しては実際負けていたと思います。

(プレッシャーに)来られても剥がしていけるような(ビルドアップの)作りを、今一度しっかりとトレーニングしていきたいと思います。」

6/23(日)明治安田生命J3 第13節 群馬戦(アウェイ・正田スタ) ご観戦について

GAME

 【6月23日(日)明治安田生命J3リーグ 第13節 ザスパクサツ群馬vsカマタマーレ讃岐@正田スタ 19:00 キックオフ】にて、
ご来場のお客様が安全かつ快適にご観戦いただけますよう、
ザスパクサツ群馬様 ホームページにて横断幕掲出のルール等が掲載されております。
ご来場前に必ずご確認いただき、アウェイゲームご観戦の際も、観戦マナーをお守りいただきますようご協力をお願いいたします。


◆ザスパクサツ群馬 ホームゲーム スタジアムルール(横断幕掲出ルール) https://www.thespa.co.jp/stadium_rule/


◆ザスパクサツ群馬 ホームゲーム情報 (vs カマタマーレ讃岐)

https://www.thespa.co.jp/2019_news/0623/


◆ザスパクサツ群馬 ホームゲーム スタジアムアクセス

https://www.thespa.co.jp/stadium_access/

6/15(土)明治安田生命J3 第12節 YS横浜戦 監督コメント

GAME

 


◆上村健一監督コメント

「悪天候にもかかわらず、たくさんのファン・サポーターの皆様に来ていただき、本当にありがたく思っています。その皆様に、勝ち点3という結果で返せたことを本当に嬉しく思います。

ゲーム自体は、Y.S.C.C.横浜さんが、攻撃陣が2トップ、2シャドーのような形で、真ん中に人を多く配置していました。そのためサイドからの攻撃、長いボール、縦パスからの攻撃というのを狙いとしていたと思います。

それに対しての対策はトレーニングで取り組んでいたので、成果が出たと思います。

選手自身が、ベンチメンバー、またベンチ外の選手も含めて、みんなが、勝利を目指して1週間トレーニングに取り組み、その成果が出たことが嬉しく思いますし、それを継続してくことが一番大事なので、次節の群馬戦に対しても、いい準備をしていきたいです。」


―FW我那覇和樹選手、MF西弘則選手が2試合連続ゴール

我那覇選手はこの試合はアシストも記録しましたが、評価について


「スピードはないですが、相手のとの駆け引きや、状況に応じたプレーを継続してくれました。我那覇選手がいることで、『彼だったら収めてくれるな』と安心感が選手に芽生えるため、非常にありがたいプレーをしてくれました。西選手は、前半15分過ぎから、立ち位置を変えたり、後半も変えましたが、うまく対応してくれて、ゴールという形、結果という形を出してくれて、非常にうれしく思います」


ー先制ゴールが非常にチームを勇気づけたと思いますが、あの我那覇選手のゴールいかがでしたか?

「さすが、元日本代表の選手だな、と思います。本当に素晴らしいゴールでした。林選手もいいボールを供給しましたし、我那覇選手もそこに上手く走りこんだと思います。」


ー今日の試合は、原点の部分、球際や身体を張るとか、そういったところで引けを取らなかったと思います。

「今も選手に話をしましたが、試合は90分なので、前節のG大阪U-23戦で2-0から2-2になってしまった教訓を生かし、今日は90分間で試合をコントロールしながら、勝ち点3をとれたということはすごく良かったと話をしました。実際、90分でも、押し込まれる時間があったり、球際の攻防であったりしましたが、そのあたりは、戦術的な話というよりも、球際で負けないことがベースとしてないといけない、という話は選手にしました。練習の中から、今後も続けてやっていこうという話をしてきました。

それが、必ず、次節、またこのシーズンで結果を出す要因になると思いますので、継続してやっていきたいと思います。」


ーぺ・スヨン選手を入れた意図は?

「我那覇選手が前線でしっかりとボールをキープしたり、起点になってくれていましたが、長いボールを供給したときに、若干センターバックにはじき返されたりする機会が、増えてきました。

そこでぺ・スヨン選手を投入すれば、その攻防で自分たちに有利になるかと思い、期待して起用しました。

実際得点シーンは、彼の素晴らしいものがでました。

彼だけではなく、得点はなかったですが、市村選手も相手の変則的な立ち位置に対して、守備、ケアをしてくれました。攻撃でも、前線に飛び出すスピードであったり、距離でや回数、そのようなことを出場した時間で何回もやってくれました。

全ての選手が、本当に勝ち点3をとるために、役割をきっちり果たしてくれたゲームかなと思います。」



ー4試合ぶりの勝利でしたが、この勝利の意味を改めて教えてください

「実際、苦しい期間だったので、勝ち点3がとれないことは、不安になりますし、選手も不安になると思います。これを続けていければ大丈夫だと思ってくれる、一つのポイントになればいいと思います。ただ、これを2試合、3試合続けていかないと、自分たちが一番上に立ち昇格できないので、これを継続していくことを頑張りたいです。」


ー(勝利がない)4試合の中で上村健一監督が改めて、強調した部分というのはどのような部分でしょうか

「今日はピッチ状態が良くなかったので、ビルドアップよりも、基本的にはボールをどこに蹴るか、ターゲットの選手に渡った時の他の選手の役割、ターゲット選手の役割を話しました。

他の試合は『ビルドアップ』『安定してボールを前に運ぶ』『攻撃機会を増やす』『前線でボールを奪われた時は前線から守備をする』ということは常に言い続けていました。今日もできている時間帯もありましたし、できていない時間帯もあったりしましたが、ゲームを通じて、トライする機会ができました。

前節の振り返りを経て、自分たちが下がったエリアでの守備のやり方を今週行いました。

今後も、自分たちが試合を経て、いろんなことができるようになったり、

また、試合を通じて学んでいき、練習でもしっかり取り組みたいと思います。」

全138件 46 - 50 件表示
  • 最初へ
  • <
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • >
  • 最後へ