ALL

11/7 (木)「まる・カマきっず」実施のご報告

ホームタウン

11月7日(木)丸亀市立岡田保育所にトップチームからGK 清水健太選手、GK瀬口拓弥選手とアカデミーコーチが訪問しました。


選手と対面して大きな声であいさつと自己紹介。

ゴールキーパーということで瀬口選手がジャグリングを披露!園児たちから「すごーい」と大きな声が上がりました。

まずはウォーミングアップでこおり鬼。鬼を務めるのは選手二人!大はしゃぎしながら逃げる子もいれば、自ら選手に向かっていく子もいました。

次はドリブルとシュートのゲーム。ゴールキーパーを本職にする二人の選手がキーパーとして立ちはだかる光景は圧巻。しかし園児は臆することなく突っ込んでいきゴールを決めていました。選手から思わず「上手い!」と声が上がるシュートもありました!


最後は選手vs園児のミニゲーム。簡単に抜かれないように大勢で選手を取り囲んだり、大人数でゴール前に立ちふさがったりして工夫しながら戦っていました。作戦の効果あって選手もなかなかゴールを奪えていませんでした。 

最後には「カマタマーレ!」の掛け声に合わせてみんなで記念撮影を行いました。

また、あわせてホームゲームとサッカースクールの告知チラシ配布も行いました。

「まる・カマきっず」とは、カマタマーレ讃岐と丸亀市が連携して実施する事業で、丸亀市内の公立の幼稚園、こども園、保育所などを選手が訪問し、サッカーを通じて身体を動かすことでスポーツの価値と魅力を多くの方に伝えるとともに、丸亀市内の子どもたちの健やかな成長やスポーツ文化の拡大、地域の活性化を目的としています。



ご協力をいただきました丸亀市立岡田保育所の先生方、関係者の皆様、このような機会をいただきありがとうございました。引き続きカマタマーレ讃岐をよろしくお願いいたします。


四国U-13リーグサザンクロスリーグ2019【第17節】 試合結果のお知らせ

U-13

 11月24日(日)に、国領川河川敷グランドにて行われました、四国U-13リーグサザンクロスリーグ2019、第17節の試合結果をお知らせいたします。


【大会名】

四国U-13リーグサザンクロスリーグ2019


【日時】

2019年11月24日(日)


【場所】

国領川河川敷グランド


【対戦相手】

愛媛FC新居浜


カマタマーレ讃岐U-15 VS 愛媛FC新居浜

前半 1-1

後半 2-0

合計 3-1

得点者 近藤夏明×2 高木凌我

 

 



 


【次節試合予定】

四国U-13リーグサザンクロスリーグ2019

2019年12月7日(土) 12:00KICK-OFF

場所 吾岡山グランド

VS 高知ユナイデット


いつも温かいご声援をいただいております保護者様、関係者の皆様、ありがとうございます。引き続き、暖かいご声援をいただけますよう邁進していきますのでどうぞよろしくお願いします。


11/27(水)次回ホームゲーム告知活動のお知らせ!「12/1(日)明治安田生命J3 第33節 八戸戦」

ホームタウン

  この度、12月1日 (日)Pikaraスタジアムで開催されます「2019明治安田生命J3リーグ第33節 カマタマーレ讃岐 vs ヴァンラーレ八戸 香川県魅力体験DAY さぬき市サンクスDAY」の告知チラシ 配布活動を、11月27日(水)にJR高松駅にて実施させていただくこととなりましたので、お知らせいたします。


また当日のチラシ配布をお手伝いいただけるボランティアの皆さまを募集いたします。
お手伝いいただける方は、カマタマブルーのものをぜひご着用いただき、直接配布場所へお越し下さい!
途中までのご参加も大歓迎です!

スタッフ一同お待ちしております!


ーホームゲーム告知チラシ配布活動ー
【日時】

11月27日(水)7時30分~8時30分

11月27日(水) 17時30分~18時30分

【場所】JR高松駅コンコース


12月1日(日)八戸戦は今シーズン最後のホームゲームです!

ホームタウンの熱い力を胸に、ホームゲーム勝利に向けて、共に戦いましょう!!

上村 健一 監督 退任のお知らせ

TEAM

この度、トップチーム 上村 健一 監督が2019シーズンをもって契約期間満了となり、退任することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

なお、後任の監督につきましては、決まり次第お知らせいたします。


上村 健一 (うえむら けんいち) 監督

【生年月日】  1974年4月22日

【出身地】    熊本県八代市

【資格】 JFA公認S級指導者ライセンス


【選手歴】

広島県立松永高等学校―サンフレッチェ広島―セレッソ大阪―東京ヴェルディ1969―横浜スポーツ&カルチャークラブ―ロッソ熊本/ロアッソ熊本

J1 リーグ戦246試合/23得点 リーグ杯36試合/1得点

J2 リーグ戦67試合/0得点

JFL リーグ戦30試合/3得点

天皇杯30試合/1得点


【代表歴】

1996年アトランタオリンピック

2001年FIFAコンフェデレーションカップ

国際Aマッチ4試合/0得点


【指導歴】

ロアッソ熊本トップチームコーチ(2009年)

ロアッソ熊本アカデミーコーチ(2010年~2012年)

カマタマーレ讃岐トップチームヘッドコーチ(2013年~2016年)

カマタマーレ讃岐トップチームコーチ(2017年)

カマタマーレ讃岐トップチームヘッドコーチ(2018年)

カマタマーレ讃岐トップチーム監督(2019年)


監督コメント

「この度、カマタマーレ讃岐の監督を退任する事になりました。

まずはじめに、カマタマーレ讃岐を支援していただいた行政の皆様、スポンサー各社の皆様、ボランティアスタッフの皆様、ファン・サポーターの皆様、1年間本当にありがとうございました。

行政・スポンサー各社の皆様には、昨年度J3降格したにも関わらず、変わらぬご支援いただき感謝いたします。

ボランティアスタッフの皆様には、試合を開催するにあたり、常に支えていただき感謝しきれません。

ファン・サポーターの皆様には、チームが勝てず苦しい時も辛い時も、ホーム・アウェイともにたくさん御来場いただき、熱い声援を送っていただき感謝しています。

選手には、トレーニングや公式戦において、自分の拙い指導や要求に100%応えようと努力してくれて感謝しています。

クラブとして掲げた、1年でのJ2 昇格を果たせず申し訳ない思いでいっぱいです。

強い覚悟を持ち、素晴らしいスタッフと共に精一杯戦いましたが、結果が伴わず無念でなりません。

今後、カマタマーレ讃岐が競技面だけでなく、社会貢献活動においても発展・繁栄し、スポーツを通じて香川県を元気に出来る存在になることを願っています。

カマタマーレ讃岐に関わる全ての皆さま、コーチ時代も含め、7年間本当にありがとうございました。」

11/24(日)明治安田生命J3 第32節 北九州戦 監督コメント

GAME

 ◇上村健一監督コメント

「遠くまで応援に駆けつけていただいたファン・サポーターの皆様に、申し訳ないゲームをしてしまったという思いです。申し訳ありませんでした。

ギラヴァンツ北九州の昇格、おめでとうございます。ゲームは、2失点目が痛かったです。そこからオープンなゲーム展開になり、走力で勝る北九州のゲーム展開になったのかなと思います。

最後まで選手は頑張ってくれました。この敗戦をしっかり振り返り、ホーム最終戦に向けていい準備をしたいです」


ー100人を超えるサポーターが駆けつけてくれました。0-4の結果に対してどう受け止めていますか

「ゲームプランとして、前半から北九州が前からプレスをかけてくることはわかっていました。

あとは北九州が、昇格のかかる試合で、会場の雰囲気など、ストレスがかかることを選手に伝えました。

その中で慌ててボールをロストする回数が多く、先に失点をしてしまったので、難しいゲームになりました。

0-4に結果になったことは、私の責任ですし、選手は一生懸命、自分の役割を果たそうとしてくれたので、感謝しています」


ー北九州を目の前で昇格させてしまったことは?

「試合が終わって泣いている選手もいるし、ぜひこういった景色を讃岐ができるようにしないといけないです。

また、この敗戦をしっかり受け止めなければならないです」


ー次節ホーム最終戦に向けて、どのような試合を届けてくれますか

「試合開始から100%を出し、試合が終わった後には倒れるくらいの試合をしたいと思います。それがおこなえるようにトレーニングをしていきたいです」

全1063件 56 - 60 件表示
  • 最初へ
  • <
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • >
  • 最後へ