ALL

トレーニングスケジュール(9/3〜9/8)のお知らせ

TEAM

  トレーニングスケジュール(9/3〜9/8)が決定しましたので、お知らせいたします。


■トレーニングスケジュール(9/3〜9/8)
9月3日(火) 施設の都合上、非公開
9月4日(水) Pikaraスタジアム メイン 10:00〜
9月5日(木) 県営サッカー・ラグビー場 メイン10:00~
9月6日(金) 東部運動公園 人工芝 10:00~
9月7日(土)明治安田生命J3リーグ 第22節 vs カターレ富山(ホーム・Pikaraスタジアム)
9月8日(日)オフ



■練習見学について
練習開始時刻よりミーティングを行う場合がございます。
選手がピッチに出てくるのはミーティング終了後となりますので予めご了承ください。
急遽トレーニングスケジュールが変更になる場合がございます。
練習場では、スタッフの指示に従っていただきますようお願いいたします。
また、駐車場内でのファンサービスはお断りさせていただきます。


見学マナー
https://www.kamatamare.jp/stadium/practice.php

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2019香川3部Aリーグ後期【第2節】 試合結果のお知らせ

U-18

 8月31日(土)に、志度高校グラウンドにて行われました、高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2019香川3部A(後期) 第2節の試合結果をお知らせいたします。

 

【大会名】

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2019香川3部A(後期)【第2節】

 

【日時】

2019年8月31日(土)

 

【場所】

志度高校グラウンド

 

【対戦相手】

小豆島中央高校

 

カマタマーレ讃岐U-18セカンド VS 小豆島中央高校

前半 0-0

後半 2-1

合計 2-1

【得点者】城山天翔、古和拓也


  

【次節試合予定】

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2019香川3部A(後期)【第3節】

2019年9月7日(土) 15:00KICK-OFF

東部運動公園第一サッカー場

VS高松東高校

 

いつも温かいご声援をいただいております保護者様、関係者の皆様、ありがとうございます。引き続き、暖かいご声援をいただけますよう邁進していきますのでどうぞよろしくお願いします。

高円宮杯JFAU-18サッカープリンスリーグ2019 四国 【第11節】 試合結果のお知らせ

U-18

 8月31日(土)に、徳島スポーツヴィレッジにて行われました、高円宮杯JFAU-18サッカープリンスリーグ2019四国、第11節の試合結果をお知らせいたします。

 

【大会名】

高円宮杯JFAU-18サッカープリンスリーグ2019四国【第11節】

 

【日時】

2019年8月31日(土)

 

【場所】

徳島スポーツヴィレッジ

 

【対戦相手】

今治東高校

 

カマタマーレ讃岐U-18 VS 今治東高校

 

前半 1-0

後半 1-0

合計 2-0

 

得点者:多田、O.G




【次節試合予定】

高円宮杯JFAU-18サッカープリンスリーグ2019四国【第12節】

2019年9月7日(土) 13:30KICK-OFF

徳島スポーツヴィレッジ

VS徳島市立高校

 

いつも温かいご声援をいただいております保護者様、関係者の皆様、ありがとうございます。引き続き、暖かいご声援をいただけますよう邁進していきますのでどうぞよろしくお願いします。

9/1(日)明治安田生命J3 第21節 YS横浜戦 監督コメント

GAME


◇上村健一監督コメント
「まずはじめに、遠い関東まで、香川から沢山のサポーターの皆様に来ていただいた事に対して、大変感謝申し上げたいです。
またその皆様に勝ち点3を届けることができて、ホッとしています。
実際ゲーム自体は、試合前のミーティングから、『先制点がキーになる』という事は話していて、うまく得点できたのですが、
先制をして間もない間に少し引いて受けてしまう形となり、そこで相手にリズムを握られ、相手が一番やりたいボールの攻略をされてしまいました。
ハーフタイムには『前でボールを奪う形、ボールを獲れる形は出来ていたし、外される場面もあったが、相手が一番やりたい、ホールに入り込む攻撃の場面が無かった。何も恐れずに、前線からボールを奪いに行こう』
という話をして、後半に入りました。その中で、選手は走る距離も多く、体力的にも厳しい中、本当に90分間最後までしっかりと戦ってくれて、最後に逆転する事ができた、非常に良いゲームだったと思います。
また試合に出ていた選手達だけではなく、ベンチも本当に一丸となって、香川に残っている仲間も、本当に3週間しっかりとトレーニングを行ってくれていましたし、
その結果が、今日の結果に繋がったと思うので、ぜひこれを続けていけるように、またトレーニングをしっかりと行っていきたいです。」



ー後半の戦い方が大きく試合を左右したと思いますが、今日の試合の勝因について
「やはり前線からの守備という部分が大きかったと思います。外されても、外されても前からボールを奪いに行く。
ボールを奪って攻撃をするという部分で、『前線からの守備』というものが大きかったと思います。」



ー久々の勝利となりました。この先のシーズン後半戦への戦い方にについて。
「シーズン当初から挙げていた、なるべく前で守備を始めて、なるべく前で攻撃をする回数を増やしたいという所はシーズン当初から言っていて、
それが出来る回数を増やしていきたいですし、それをゴールという形で結び付けたいですし、なるべくボールを奪い返して、攻撃をし続けるという展開を増やせるように、今一度トレーニングしていきたいと思います。」



ー7試合ぶりの勝利となりました。おめでとうございます。本来FWである森川選手を左サイドバックで起用されましたが、その意図を教えてください。
「木島徹也選手を基本的にサイドに配置し、彼を前向きにプレーさせたかったのが一つで、それに付随して、守備を怠ってしまう事があるので、そこのカバーという部分で、森川選手の運動量でカバーしたいという事が一つでした。あとは、やはり彼自身は推進力が高い選手なので、木島選手が前向きに持った時に、そこに後ろから追い越す動きであったり、絡んでいく動きを期待して、サイドバックで起用しました。」



ー3週間の中断期間がありましたが、期間中どういったところを改善されてきたのか教えてください。
「8割以上は攻撃の練習をしてきました。なるべく前で攻撃する回数を増やし、なるべく前で守備を行うという事で、攻撃のトレーニングの回数を増やしました。
それをこの残り13試合でぜひ遂行できるように、相手のやり方も違いますし、相手に対してどういった攻撃が有効なのか、
奪われた後のどういった追い込み方が有効なのかという部分をまた1週間、しっかりとトレーニングを行って、勝ち点3を続けて取れるようにやっていきたいです。」



ー今日の試合ではいくつか課題が見えた部分もあったように思うのですが、残り13試合はどのように戦っていきたいですか。
「相手のシステム、戦い方に対して、『このように当てる』という事は伝えるのですが、実際ボールを奪うシーンでは相手と重なる事が多いので、
球際の部分は更に要求していきたいですし、今日もその辺りの課題は残ったと思ったので、それをトレーニングで要求していきたいです。
収穫の部分では、本当に何回も追い続けることができた、自分がマークを捨てて、2度追い、3度追いできたという部分、
更に本当に苦しい中、最後まで走り続けることができたという部分は収穫なので、それはチームとしてまた継続して行っていきたいです。」



ー守備では少しバタバタしていた印象だったのですが、その辺りはいかがでしょうか。
「劣勢だったので、ボールを奪いに行かなければいけない、構えるわけにはいかないので、その辺りは引き込んで奪うということではなく、
奪いに行くという部分ではポイントポイントでどうしてもズレ込んでしまう事があるので、その部分はバタバタしていたように見受けられますが、
実際に『相手が意図的に行いたい攻撃』については後半に前からボールを奪いに行った事により少なくなったと思うので、
その部分が収穫だと思っています。」
 

観音寺総合高校 部活指導のご報告

ホームタウン

 8月20日(火)、22日(木)の2日間で、アカデミースタッフが観音寺総合高校へ部活指導に伺いましたのでご報告いたします。


8/20のトレーニングのテーマは『守備』。

ウォーミングアップは声を掛け合いながら、複数の動作を同時に行い、頭もカラダも動かしました。

次に1対1のライン突破を行いました。はじめは攻撃が手でボールを持ち、守備はボールをさわれる距離まで寄せることやステップワークを意識しました。


その後、足でボールを扱い、同じトレーニングを行いましたが、限定して奪うことなどをレクチャーしました。

続いて、2対2のライン突破を行いました。

はじめは状況を観て、カバーのポジションを取れなかった選手がいました。

しかし、チャレンジしている選手の状態を観て、カバーのポジションを変えることによって、ボールを協力して奪えるシーンが増えました。


GKのトレーニングは1対1の対応を行いました。

ボール保持者の状況や持ち方を観て、できるだけコースを限定することや、ポジショニングを意識させました。


次に4対4のシュートゲームと6対6のゲームを行いました。

ゴールが立ち、人数が増え、コートが広がると、チャレンジとカバーの関係の意識が薄まりました。そこで、トレーニングを振り返ることで、ゲームで起こるいろんな局面で、グループとして守れるシーンが増えました。

 

8/22のトレーニングのテーマは攻撃。『三人目の関わり』をテーマとしてトレーニングを行いました。


ウォーミングアップはボールを2球使い、3対1の鬼ごっこを行いました。

手でボールを扱える分、顔を上げ、相手、仲間を観ながら、ボールを動かすことを意識して行いました。


つぎに、足で3対1を行いました。先ほどのトレーニングに引き続き、相手を観ながらボールを動かすこと、ボールの持ち方、ポジショニングにこだわり、取り組みました。

GKは前回に引き続き、1対1の対応をしました。

前回のトレーニングを振り返りながら、一つ一つのプレーを集中して行ってくれました。



その後3対3+2サーバーのポゼッションを行いました。攻撃方向を意識しながら、ボール保持者に対して、誰と三角形を作っているか、確認しながら行いました。


次に、三人目の動きが出るシュート練習を行いました。くさびをスイッチに三人目が動き出し、突破することを意識しました。


最後にゲームを行いました。ゲーム中も三人目の関わりが出るシーンが観られ、とても意識的に取り組んでくれました。


今後のトレーニングに活かしていただけると幸いです。

今回、部活指導にご協力くださいました観音寺総合高校の皆様ありがとうございました。

全846件 46 - 50 件表示
  • 最初へ
  • <
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • >
  • 最後へ